行政書士と他の資格とのダブルライセンス

行政書士と他の資格とのダブルライセンス

 

近年では行政書士資格のみならず他にも別の資格を取る「ダブルライセンス」を目指す人が増えています。
これによって、より自身の市場価値を高め営業活動の幅が大きくなるのは間違いありません。

 

行政書士と宅建士

 

宅建士は、宅地や建物のエキスパートです。

 

宅建士には、不動産売買の際の重要事項の説明や契約書の記名押印といった独占業務があります。

 

不動産関係の業務を目指す方は、宅建士とのダブルライセンスによって、建物や土地に関しての売買取引から契約書類、申請書類の作成まで一気通貫で行うことができることになります。そのため、不動産業界で業務が広がる可能性が高まります。

 

「あの行政書士は不動産関連の見識も豊富にある」という印象を持ってもらえれば、さらにクライアントを紹介してもらえる確率が高まるなど、様々な利点が見込めます。

 

行政書士と司法書士

 

司法書士は、不動産売買の際の登記などの専門家です。

 

司法書士は、行政書士よりも相当難解な国家資格です。しかし、ものにすることができれば、これから需要がさらに高まる相続の不動産の移転登記等の仕事を担うことができるようになります。

 

そのため、もし司法書士の資格を取得出きれば、ほかの行政書士にない強みを持つことができるでしょう。

 

行政書士FP

 

家計相談や投資に関する助言などを行うのがFPです。

 

FPは資格の難易度がそれほど高くはないため、行政書士とのダブルライセンスは比較的簡単です。

 

FPの知識を行政書士業務に活用することは十分可能で、クライアントの人生設計や資金計画等についての助言もできるようになり、トータルなコンサルが出来るようになります。

 

またFPも行政書士と同じく知名度が高い資格ですので、クライアントからの信頼性も上って、収益の増加になり得ることが期待されます。

 

まずは行政書士試験を取得してから

 

以上、ダブルライセンスについて書きましたが、しかし最初から「ダブルライセンスありき」で、行政書士試験に受かってからも、あれこれ他の資格に手を出して、時間を浪費する人も、中にはいます。

 

人それぞれではありますが、まずは行政書士の資格を取得したなら、一日もはやく実務を覚え、仕事をしながら、必要に応じて勉強を重ね、次の資格を取得するという方法もあると思います。

 

関連ページ

行政書士の年収は?
気になる行政書士の年収はいくらぐらいなのでしょう。その平均額や最高額、収益構造を見てみましょう。
行政書士が食えないって本当?
受験生なら「行政書士は食えない」というHPの書き込みを、必ず目にしたことがあるはずです。本当でしょうか?オヤジ行政書士がズバリ答えます。
行政書士の可能性ーー認知度
行政書士は他の資格と比較して、とても認知度が高く、市民に身近な法律家として、社会のニーズも高くなっています。