行政書士が食えないって本当?

行政書士はホントに食えない資格か?

 

行政書士は、いわゆる「士業」と言われている国家資格に基づいた職業の1つです。

 

行政書士は「食えない資格と言われているネットの書き込みを目にする機会がありますが、主な理由には法律系の資格の中においては難易度が低く、比較的簡単に手にできるため、必然と競争が激しくなってしまうという人もいますが、果たしてそうでしょうか?

 

その理由をいくつか考えてみましょう。

 

なぜ「食えない」という評判が?

 

行政書士はもとより、あらゆる士業は競争社会であり仕事をした経験が結果を左右します。 従って長年開業している行政書士がマーケットにおいて断然アドバンテージになります。

 

資格を得て独り立ちしたばかりだと、信頼も得られいない状況なので仕事を行うことが出来ないでお客さんが取ることが出来ません。

 

そのため開業後1年とたたずに廃業してしまう方数多いことや、その廃業件数の多さから「食えない資格」という印象が拡がってしまっているものと思います。

 

行政書士の仕事は簡単?

 

行政書士は、行政官庁に提出する文書の作成や、文書を官公署に出す手続の代行を主に行います。携わることが可能な書類の数は1万種類以上あるとも言われています。

 

この様に行政書士は元来「代書屋」と称されており、他の人の文書手続きを代行することが主な仕事です。例えば、「飲食店営業許可申請書」「一般旅券(パスポート)発給申請書」などが挙げられます。

 

その為行政書士仕事には独占業務は存在するが「やろうと思えば自分自身でもできる」ようなどんな人でもできる易しい仕事だと勘違いされがちです。

 

言うまでも無く実際には行政書士に頼まなければやれないような難しい手続きがたくさんあるのですが、世の中の印象としては需要が少なくて、仕事がないと考えられがちです。

 

加えて社労士や税理士のように顧問契約を交わすことも少ないため安定的な収入を得られない資格だと考えられがちです。

 

「食えない資格」というネットの書き込み

 

試験的に「行政書士 開業」などの単語で検索をかけてみましょう。たいがいが否定的な書き込みなどが出現します。

 

ウェブ上に「仕事が全くないです」「事務所を開業したけれどすぐに廃業」という投稿が数多く、これらの悲観的な印象は流布しやすいので「行政書士=食えない」という考え方が広がっているのだと思います。

 

しかしながら、当然安定的に儲かっている行政書士はたくさんあります。あまり悲観的な投稿に翻弄されないようにした方が良いでしょう。

 

市民に身近な法律家

 

行政書士は作成する書類が生活に密着したものが多いため、「街の法律家」という形、市民が気軽に相談することが可能です。

 

従って行政書士は、知名度やフレンドリーさという点からも地元密着の職業がとして、身近な士業であり、断じて食えない資格ではないと言えます。

 

どんな職業食えない人はいる

 

なにより、稼いでいる行政書士はほとんどの場合多忙なので、ホームページ上などで情報を流すことは少ないです。

 

ヒマ=稼げていない行政書士が、ウェブ上にあれこれと書き込みをしていることを知ったほうが良いでしょう。

 

わかりやすく言うと、ウェブ上で「行政書士は食えない資格」という投稿をしているのは業務が上手くいかずに不平がある人が多いと感じられます。

 

元々稼いでいる行政書士や事業所の運営を成功している人は普通多忙なので、自分自身うまくやっている旨の書き込みをする時間も有益性も無いワケです。

 

ウェブの情報は真偽も正確ではなく、実際のところ行政書士資格の取得落ちた人であったり、行政書士の営業ができなかった人が、「儲からない」という感じの自分勝手な投稿をしてることもあります。

 

さほどネット上の書き込みや投稿は真に受けないで、身近な行政書士事務所に行ってみて、行政書士に疑問をぶつけてみたらいかがでしょうか?

 

どんな職業でも、食えない人はいる

 

例えば、ラーメン屋さんでも、年収何億円もかせぐ人気チェーン店の社長もいれば、数千万円をかせぐ店主もいれば、開業1年で廃業する方もおられます。

 

行政書士も、簡単に言えば、それと同じだということです。

 

 

関連ページ

行政書士の年収は?
気になる行政書士の年収はいくらぐらいなのでしょう。その平均額や最高額、収益構造を見てみましょう。
行政書士の可能性ーー認知度
行政書士は他の資格と比較して、とても認知度が高く、市民に身近な法律家として、社会のニーズも高くなっています。
行政書士と他の資格とのダブルライセンス
行政書士と他の資格を合わせて取ることで、業務の範囲や仕事を獲得するチャンスを広げることが期待でします。しかし、デメリットも――