行政書士の年収は?

行政書士の年収は?

 

平均年収は600万円

行政書士の世界は、事業を拡大して大きく稼いでいる行政書士から平均年数に満たない行政書士、さらになかんか行政書士だけでは生計が立たない行政書士まで、上と下の差が大きいのが特徴的です。

 

成功者は年収2000万円〜3000万円

実際に、成功している行政書士は年収2,000万円〜3,000万円クラスも決して少なくありません。そして全体の平均年収は600万円程度と言われています。 しかし、この平均年収ですが、実際には600万円も稼げていない行政書士は多く、上位の 年収2,000~3,000万円の行政書士が、全体の額を引き上げているという見方もあります。

 

さらに、報酬や売上から経費・借入金返済など差し引いた金額が、行政書士の実際に使えるお金(収入)となるため、事務所の経営の仕方や規模が違うため、働き方や規模によって、その収入は違ってきます。

 

行政書士は実力主義

さらに、行政書士の仕事は事務所の家賃や人件費等といった固定費が他の業種tと違って安く抑えられるため、独立して稼ぐ場合、売り上げの量が収入額に直結します。逆に、売り上げが少なければ、収入も減ってしまう事になります。その意味で、行政書士業務において、「営業力」も、年収の重要なファクターになります。

 

いずれにしても、 行政書士の世界は完全な実力主義の世界であり、やり方次第では、大きな収入見込める世界でもあるのです。

 

関連ページ

行政書士が食えないって本当?
受験生なら「行政書士は食えない」というHPの書き込みを、必ず目にしたことがあるはずです。本当でしょうか?オヤジ行政書士がズバリ答えます。
行政書士の可能性ーー認知度
行政書士は他の資格と比較して、とても認知度が高く、市民に身近な法律家として、社会のニーズも高くなっています。
行政書士と他の資格とのダブルライセンス
行政書士と他の資格を合わせて取ることで、業務の範囲や仕事を獲得するチャンスを広げることが期待でします。しかし、デメリットも――