行政書士とは何か?

行政書士って何?

 

行政書士は、弁護士・弁理士・司法書士・税理士・社会保険労務士・土地家屋調査士・海事代理士と共に職務上請求権が認められている8士業の一つです。

 

行政書士は、「行政書士法」に基づいた国家試験の合格者に付与される国資格者です。

 

気を付けて見ると、街角やタウン誌などに、行政書士事務所の看板や広告がよく出されていますが、その一方で、まだまだ司法書士や社労士と区別がつかない方もおられます。

 

行政書士の業務は、行政関連の書類や、法律的な権利義務・事実の証明関連の多彩な書類の作成や申請等を、お客様の代行で行い、助言を行ったりすることです。

 

行政書士が作成できる書類や許認可は、1万種類以上もあるといわれており、そのプロフェショナルな知見を活かし、国民と行政の間に立ち、両方の利益に寄与することが、行政書士に求められている使命と言えるでしょう。

 

行政書士制度の歴史的背景

 

行政書士は、明治時代の「代書人制度」を前身にしていると言われています。第二次大戦後、「行政書士法」が成立して「行政書士」が誕生し、その後の法改正によって業務の幅が拡大し続けています。

 

その「行政書士法」を記念して(昭和26年2月22日公布)、2月22日が「行政書士記念日」に定められ、例年、全国各地で行政書士制度の普及を図るPRイベントが行われています。

 

行政書士の仕事は?

 

行政書士の仕事は、行政書士法1条の2、1条の3に定められています。
条文は大きく3つの業務を規定しています。

 

書類作成業務

官公署に提出する書類の作成
その他権利義務又は事実証明に関する書類の作成
許認可等に関する審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立ての手続について官公署に提出する書類の作成(※研修を受けた行政書士のみ可能)
契約その他に関する書類を代理人として作成すること

 

手続代理業務

官公署に提出する書類を官公署に提出する手続の代理
許認可等に関して行われる聴聞又は弁明の機会の付与の手続、その他の意見陳述のための手続の代理
許認可等に関する審査請求、再調査の請求、再審査請求等行政庁に対する不服申立ての手続の代理(※研修を受けた行政書士のみ可能)

 

相談業務

行政書士が作成できる書類の作成について相談に応じること

 

「官公署に提出する書類」とは、会社や個人が国や県、市町村に提出する書類のことを言います。建設業や運送業など、特別な事業を行う際に必要な許認可がその一例です。

 

「その他権利義務又は事実証明に関する書類の作成」とは、会社や個人間の契約書や協議書、遺言等の作成等を言います。

 

行政書士が作成えきる書類は1万種類以上もある

 

行政書士が作成できる書類は、実に1万以上もあると言われています。行政書士は許認可のほとんどに携わることができるうえ、行政書士だけに許される「独占業務」も数多く持っています。

 

ですから、「行政書士って何?」と聞かれても、その仕事の中に、膨大な種類の業務が存在しているため、どうしてもイメージが漠然としてしまうという、役割上の特徴があると思います。

 

(許認可申請のなかには弁護士法、司法書士法、税理士法、社会保険労務士法、弁理士法、海事代理士法、土地家屋調査士法などで制限されているものもあります)

 

 

行政書士とは何か?記事一覧

行政書士の年収は?平均年収は600万円行政書士の世界は、事業を拡大して大きく稼いでいる行政書士から平均年数に満たない行政書士、さらになかんか行政書士だけでは生計が立たない行政書士まで、上と下の差が大きいのが特徴的です。成功者は年収2000万円〜3000万円実際に、成功している行政書士は年収2,000万円〜3,000万円クラスも決して少なくありません。そして全体の平均年収は600万円程度と言われてい...

行政書士はホントに食えない資格か?行政書士は、いわゆる「士業」と言われている国家資格に基づいた職業の1つです。行政書士は「食えない資格と言われているネットの書き込みを目にする機会がありますが、主な理由には法律系の資格の中においては難易度が低く、比較的簡単に手にできるため、必然と競争が激しくなってしまうという人もいますが、果たしてそうでしょうか?その理由をいくつか考えてみましょう。なぜ「食えない」と...

行政書士の可能性――認知度行政書士は法律系の国家資格と比較して試験の難易度が比較的易しいこともあって、登録者が多いのが特徴です。その他の士業(司法書士、社会保険労務士)の登録者数と比べてみると行政書士の登録者かなり多いです。。士業 登録者数司法書士 22,283人(2018年4月1日時点)社会保険労務士 40,807人(2017年9月30日時点)行政書士 47,901人(2018年4月1日時点)よ...

行政書士と他の資格とのダブルライセンス近年では行政書士資格のみならず他にも別の資格を取る「ダブルライセンス」を目指す人が増えています。これによって、より自身の市場価値を高め営業活動の幅が大きくなるのは間違いありません。行政書士と宅建士宅建士は、宅地や建物のエキスパートです。宅建士には、不動産売買の際の重要事項の説明や契約書の記名押印といった独占業務があります。不動産関係の業務を目指す方は、宅建士と...