独学で陥る罠

行政書士試験の独学者が陥る罠とは

 

このサイトを訪問した方の中には、予備校に通わず独学での受験を考えている方もいらっしゃることでしょう。

 

独学での試験の合格は可能だと思いますが、それには見えない大きい壁が存在しています。

 

特に法律の初学者は要注意です。

 

法律の理解するためににプロに教えてもらう必要がある

 

法律を大学や職場で学んだことのない人にとって、法律系の国家試験で、独学で合格点を取るのは、至難の業といえるでしょう。

 

法律は独自の世界があり、その淵源は日本ではなく、古くは、ローマ―法までさかのぼります。そのため、それを理解するためには、専門家に初歩から教えてもらう必要があります。

 

それはちょうど、山登りをしたことがない人が登山をしようとするときに、ガイドさんに道案内してもらうことと似ています。

 

それがないと、自分勝手に、理解を進めてしまい、どんなに時間をかけても、応用力が身につかず、試験で及第点を取ることが困難になってしまいます。

 

その結果、結果的に、多くの時間を無駄に費やしてしまうことになりかねません。

 

関連ページ

行政書士試験の勉強は何時間必要か
行政書士試験に合格するためには、どのくらいの学習時間を確保する必要があるでしょうか?
独学が可能な人とは
行政書士試験を独学で合格できる人は、過去に法律を学んだことがあるか、法律関係の仕事の経験があるなど、法律に関して一定の知識のある方です。
どうしても独学ならせめて通信講座を
独学は時間を浪費する可能性があります。どうしても経費を抑えたい場合は、最低でも通信講座をおススメします。