行政書士試験 過去問

独学といっても最低限通信講座は必要

 

<全くの独学は時間を浪費する>

 

独学でも行政書士試験の合格は不可能ではありませんが、もしあなたが法律の初学者の場合、まったくの独学はおススメできません。

 

なぜなら、費用こそ抑えられますが、「合格」という目的地に到達するために、結果的に途方もない時間がかかることになるからです。

 

「タイムイズマネー」と言われますが、人生という限られた時間で、人生を有意義に生きるために、無駄な時間の浪費は避けなければなりません。

 

しかも、通信講座といっても、全くの独学と比較すれば、合格率に大きい差が存在します。

 

もし、短期間での合格・一発合格を目指すのであれば、最低でも通信講座の受講をおススメします

 

<最低でも通信講座を>

 

行政書士の通信講座を受けるなら、沢山の行政書士講座の中でもよく知られたフォーサイトをおススメします

 

フォーサイトは多くの通信講座の中でも、長年の実績を持っており、2018年度試験における受講生の合格率は実に全国平均の2.94倍という驚きの実績を上げています。

 

そしてフォーサイトの場合、なんと不合格の場合は「全額返金保証」する制度があるので、万が一の場合でも、費用が無駄にはなりません。

 

もし、独学で合格を目指されるなら、最低でも独学+通信講座という形で、フォーサイトを参考書変わりすることが賢明でしょう。

 

 

関連ページ

行政書士試験の勉強は何時間必要か
行政書士試験に合格するためには、どのくらいの学習時間を確保する必要があるでしょうか?
独学が可能な人とは
行政書士試験を独学で合格できる人は、過去に法律を学んだことがあるか、法律関係の仕事の経験があるなど、法律に関して一定の知識のある方です。
独学で陥る罠
法律の初学者が独学で勉強を進めていくことは基本的におすすめできません。なぜなら結果的に、膨大な時間を浪費してしまう可能性が大きいからです。