行政書士試験 過去問

行政書士試験を独学が可能な人とは

 

行政書士試験は、それほど簡単な試験ではありません。特に法律の初学者の方にとっては、「難関」といってもよいでしょう。

 

そうした人が合格を目指すためには、はやりプロの講師から直接教えてもらえる予備校や、最低でもしっかりした通信教育を受講されることをおススメします。

 

<過去に一定の法律の学習経験のある方>

 

それでも、過去に、法律や行政手続きの知識・経験やキャリアのある方や。大学で法律を学んだ事のある方、法律関係の資格を持っていたりする方は、独学に向いていると言って良いでしょう。

 

こうした方は行政書士試験合格に必要な知識をゼロから勉強しなくても良いため、比較的短時間の学習でも合格できる可能性があります。

 

<長期間自己管理ができる方>

 

繰り返しますが、行政書士試験は、法律の初学者の方が、独学で簡単に合格可能なな試験ではありません。特に近年は難化傾向が指摘されています。

 

しかも、試験科目も比較的多く、そのため必要な勉強時間も長く、特に主婦の方や社会人などは、家事や仕事と勉強を両立させることが難しくなります。

 

自らに望ましい学習計画を立てた上で、自己管理を地道にを行い、スキマ時間を効果的に使用することが不可欠です。 そのような中で、長期間へこたれずに勉強することが合格への道になります。

 

関連ページ

行政書士試験の勉強は何時間必要か
行政書士試験に合格するためには、どのくらいの学習時間を確保する必要があるでしょうか?
独学で陥る罠
法律の初学者が独学で勉強を進めていくことは基本的におすすめできません。なぜなら結果的に、膨大な時間を浪費してしまう可能性が大きいからです。
どうしても独学ならせめて通信講座を
独学は時間を浪費する可能性があります。どうしても経費を抑えたい場合は、最低でも通信講座をおススメします。