行政書士試験 過去問

行政書士試験は独学で合格可能か?

 

<行政書士試験は年齢や学歴不問>

 

行政書士試験は性別・年令・学歴とは無関係に、誰もが受験することができる国家試験です。

 

大卒要件など、一定の学歴や職歴を求める国家資格が多い中で、チャレンジし易い資格といえるのです。その分人気も高く、毎年受験する人は4万人を超えています。

 

行政書士試験の合格率は10〜15%。さまざまな国家資格試験の中でも比較的難易度が高い試験といえます。受験者は男女ともに30代・40代が多く、男女別では約4分の1が女性です。社会人として、仕事をして、次の人生のステップアップとしてチャレンジする人が多いとも、いえるでしょう。

 

<絶対評価で合格>

 

もう一つ、行政書士試験の特徴として、「相対評価」でなく「絶対評価」である点です。つまり、試験で一定の点数を達成すれば、他の受験者の得点や順位に関係なく、合格できるということです。そのため、頑張ったら頑張った分だけ、その苦労が報われやすい国家資格試験なのです。

 

そうしたことから、仕事をしながら、何年かかけて合格を目指している人が多い資格となっていあす。

 

<独学は可能か>

 

そうした幅広く人気を集めtいる試験だけに、参考書や通信教育、予備校も多く、合格に向けた勉強方法は幅広く存在しています。そうした中で、中には。独学で試験にチャレンジし、合格する人も少なくないのは事実です。

 

独学で試験勉強を頑張る利点としては、自分の速度で勉強を進めて行けることがあると思います。帰宅後のフリータイムやお仕事のスキマ時間などを利用すれば、実効性のある学習が可能です。また、経費が少なくできるのも独学で勉強する利点です。

 

参考書代なども最低限に圧縮できるので、すぐにスタートすることができます。

 

しかしながら、独学で合格ラインに達するには、我慢強く学習を継続し続けなければなりません。高水準の意欲を保つのが、独学の大きな課題となります。

 

行政書士試験と独学記事一覧

どのくらいの勉強で合格が可能か?独学で行政書士試験に合格することができるためには、どの程度の学習時間が必要でしょうか。行政書士の試験科目は、「法令等科目」と「一般知識」の合計8科目を学習しなければなりません。 出題範囲が広範囲のうえに、最近ではリーガルマインドや思考力を問う問題も増えてきました。つまり、近年、試験が難化傾向にあるのは間違いありません。その分だけ、必要な学習時間は増えてきました。たと...

行政書士試験を独学が可能な人とは行政書士試験は、それほど簡単な試験ではありません。特に法律の初学者の方にとっては、「難関」といってもよいでしょう。そうした人が合格を目指すためには、はやりプロの講師から直接教えてもらえる予備校や、最低でもしっかりした通信教育を受講されることをおススメします。それでも、過去に、法律や行政手続きの知識・経験やキャリアのある方や。大学で法律を学んだ事のある方、法律関係の資...

行政書士試験の独学者が陥る罠とはこのサイトを訪問した方の中には、予備校に通わず独学での受験を考えている方もいらっしゃることでしょう。独学での試験の合格は可能だと思いますが、それには見えない大きい壁が存在しています。特に法律の初学者は要注意です。法律の理解するためににプロに教えてもらう必要がある法律を大学や職場で学んだことのない人にとって、法律系の国家試験で、独学で合格点を取るのは、至難の業といえる...

独学といっても最低限通信講座は必要独学でも行政書士試験の合格は不可能ではありませんが、もしあなたが法律の初学者の場合、まったくの独学はおススメできません。なぜなら、費用こそ抑えられますが、「合格」という目的地に到達するために、結果的に途方もない時間がかかることになるからです。「タイムイズマネー」と言われますが、人生という限られた時間で、人生を有意義に生きるために、無駄な時間の浪費は避けなければなり...