オヤジ行政書士の合格応援隊

合格率から見る行政書士試験の難易度

 

行政書士試験の平均合格率は、10%弱です。しかしながら、規則どおりの合格ラインに到達すれば、他の人の成績とは無関係に、合格できます。

 

例えば、合格率は平均9%令和元年度(2019年度)行政書士試験の場合、39,821名が受験し、合格者は4,571名です。合格率は11.5%。10人に1人合格できるか否かの水準です。

 

しかも、行政書士の試験科目は、民法、行政法、憲法、商法など法律系が大部分で、日頃の生活とはなじみ薄い法律用語を大量に学習することが必要です。意思を固めて学習をはじめてみても、投げ出したりしてしまう人もたくさんいます。

 

しかし、「規定通りの合格ラインに到達すれば合格できる試験」ということは、しっかりと実力さえつければ、受験者数や年ごとの合格率に関係なく合格できるということです。実際に、合格率は毎年変動しています。

 

合格にこぎつけるには、効率性の高い学習方法と、広い範囲の学習エリアをカバーできるだけの学習時間の獲得が必須ですが、ジックリ頑張って万全な準備でチャレンジすれば、十分に初学者でも合格できる試験です。

 

過去問対策と、民法や行政法などの重点科目を重点的に勉強すれば、合格はそれほど難しくはありません。 よく出題される科目も分かっており、合格ラインも明白なことから、他の国家資格試験より学習計画が立て易いという面もあります。

 

ぜひ、合格率10%という「強面」に惑わされることなく、果敢にチャレンジしてみてください!

 

関連ページ

他の法律系国家試験との比較
行政書士試験の難易度について、他の資格との比較など、様ざまな観点からご説明します。
行政書士試験の科目と難しさ
行政書士試験の試験科目の特徴と難しさについてお答えします。
行政書士は難しい?一方で大きなチャンスも!
行政書士試験の平均合格率は、10%弱です。しかしながら、規則どおりの合格ラインに到達すれば、他の人の成績とは無関係に、合格できます。
魚性書士試験の難易度と独学について
行政書士試験の難易度と、独学合格の可能性についてご説明します。