オヤジ行政書士の合格応援隊

行政書士試他の法律系の国家資格との比較

 

日本には行政書士以外にも、弁護士や司法書士、税理士、社会保険労務士等の法律系の国家資格があります。それらと行政書士試験の難易度を比較してみましょう。

 

《司法書士試験》

 

行政書士と司法書士は、いずれも書類作成と関連する「書士業」です。それぞれ専門分野の境界線を持ちつつ、双方ができる業務も存在します。そのため、行政書士と司法書士を比較して、いずれの資格を取るかなやむ人も少なくありません。しかし、試験の難易度では。司法書士の方が相当難しい、と言って良いでしょう。最近の司法書士試験は、最難関の司法試験にも引けを取らないとも言われるほどです。

 

試験科目は、司法書士試験の方がとても多いため、行政書士よりも多くの科目を勉強することが求められ、しかも司法書士は相対評価で合否が決まるため、合格の基準点が年によって異なります。

 

合格率は行政書士が約10%ですが、司法書士は約3%程度。その難易度がご理解いただけると思います。仕事しながら勉強する場合、行政書士は努力によっては初年度で合格可能です。しかし、司法書士は数年越しで合格を目指すのが通例です。

 

行政書士と司法書士では、科目の多寡数は違うものの、共通する科目が多いため、司法書士を目標にする人が力トライとして行政書士試験を受験することもよくあります。ですので、もし社初学者が2つの資格を目指すなら、第一に行政書士試験を目指し、合格した後にさらに勉強して司法書士試験を目指すべきでしょう。

 

《税理士試験》

行政書士と税理士の比較では、税理士の方が相当難易度は高めです。税理士試験は、会計2科目(簿記論、財務諸表論)と、税法9科目の合計11科目のうち会計2科目を合わせた計5科目にパスすることが必須になります。暗記と法令の理解がメインの行政書士試験とは異なって、それ以外に計算や数字もたくさん出題されますので、数学系の勉強が苦手な方は、相当苦労するはずです。

 

税理士試験は、習得に時間が掛かりますが、「科目合格の制度」が存在し、一旦通った科目は生涯有効です。そのため、1科目ずつパスして、数年かけて資格を取得するのが普通です。また、税理士試験に合格すれば、無試験で行政書士にもなれます。そんな理由でも、行政書士と比較して税理士の方が難易度が高いのは間違いありません

 

《社会保険労務士》

社会保険労務士の試験科目は、労務関連の労働基準法、労働安全衛生法、雇用保険法、健康保険法、厚生年金保険法、他、全8科目です。行政書士とは、その分野やジャンルが全く違います。なので、安易に難しさを対比することは困難なのですが、行政書士と同程度か、あえて言うなら社会保険労務士の方が若干難易度が高いかもしれません。

 

もし、行政書士と社会保険労務士のダブルライセンスを目指すならば、全然違うフィールドを2つ勉強しなければならず、かつ、社会保険労務士では、覚えざるをえない数字や細い法改正もたくさんあるので、一度にトライするのはかなり困難だといえます。

 

しかし、試験の内容は違っていながら、仕事的には両者はとても親和性の高い資格です。例えば、会社設立(行政書士)と従業員の労務(社会保険労務士)など、双方の資格を所持していると業務のレンジを大幅に広げることができます。事実、ダブルライセンスも持って大活躍されている方も沢山おられます。

 

《宅地建物取引士》

 

宅地建物取引士(宅建)は法律系資格の中では最もハードルが低く、容易とされる資格です。試験は択一問題だけで記述問題もありません。行政書士と比較して、宅建の方が易しい資格だと言えるでしょう。

 

一例ですが、双方に共通する試験科目である民法では、行政書士では「広く深い」知識を問われますが、宅地建物取引士では「狭く浅い」問題が中心です。このため、行政書士試験に合格できる知識を身につければ、宅地建物取引士資格の取得はかなり容易になるでしょう。

 

行政書士と宅地建物取引士もかなり親和性が高い資格です。ですからダブルライセンスを持つことで仕事の幅が大きく広がるはずです。実際、不動産会社を経営しながら行政書士業務も行っている方は沢山います。ぜひ、合格の暁には、宅建も次の資格として取得しておくことも考えてみてください。

 

いかがだったでしょうか?実際に行政書士を目指そうとしても、他の資格も気になりますよね。ぜひ、こうしたことも参考にして、ご自身の未来の設計図を描いてください。

 

関連ページ

合格率からみた行政書士試験の難易度
合格率10%の行政書士試験ですが、本当に難関試験なのでしょうか?
行政書士試験の科目と難しさ
行政書士試験の試験科目の特徴と難しさについてお答えします。
行政書士は難しい?一方で大きなチャンスも!
行政書士試験の平均合格率は、10%弱です。しかしながら、規則どおりの合格ラインに到達すれば、他の人の成績とは無関係に、合格できます。
魚性書士試験の難易度と独学について
行政書士試験の難易度と、独学合格の可能性についてご説明します。