魚性書士試験の難易度と独学について

行政書士資格の難易度はどれくらい?

 

行政書士のここ数年の合格率は、およそ6〜10%で変化しています。

 

社会保険労務士と比べてやや難しくはなく、宅建士と比べて難解、といえるでしょう。

 

受検資格に制限がないため、年齢、学歴、国籍等に関係なく、どんな人でも受験出来ます。このおかげで毎年4万人近くが受験するポピュラーな国家資格となっています。

 

このことは宅建士にも同様に言えることですが、どんな人でもできる試験ゆえに本気で受験するのではなかったり、勉強不足のまま受験する人が少ないために、合格率が低い、といったことが言うことができます。

 

更に、300満点中6割に当たる180点以上の得点が取れれば合格ですので、この基準を達成すれば合格できる「絶対評価」の試験のため、周囲の受験生との戦いというより自分との戦いという側面が強い試験でありのは事実です。

 

初学者にとっては「難関」ではあるが、取得する価値はある

 

合格率からしてもとても難易度が高いように感じていますが、行政書士は真面目に、しっかりと勉強に尽力すれば一発合格も期待出来る資格です。

 

社会的な信頼性も高く、自分一人で利益を得ていく力を獲得できる非常に魅力がある資格ですから、目標にする価値はあると言っても良いでしょう。

 

特に少子高齢化社会の日本では、サラリーマンではなく、定年を気にしない独立した働き方が出来るのは魅力ですね。

 

初学者には独学はおすすめできません

 

ただ、「法律の初学者」の方は、はやり予備校等に通って、プロの講師の手ほどきを受ける必要はあります。

 

決して、ネット情報だけで「独学で合格できる」と思わない方がよいと思います。

 

このページでは、私オヤジが実際に通って合格した予備校や勉強法を証かいしています。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

関連ページ

他の法律系国家試験との比較
行政書士試験の難易度について、他の資格との比較など、様ざまな観点からご説明します。
合格率からみた行政書士試験の難易度
合格率10%の行政書士試験ですが、本当に難関試験なのでしょうか?
行政書士試験の科目と難しさ
行政書士試験の試験科目の特徴と難しさについてお答えします。
行政書士は難しい?一方で大きなチャンスも!
行政書士試験の平均合格率は、10%弱です。しかしながら、規則どおりの合格ラインに到達すれば、他の人の成績とは無関係に、合格できます。