オヤジ行政書士の合格応援隊

行政書士試験の難易度と特徴

 

行政書士試験には、年令や学歴というような受験資格が全くなく、どんな人でも試験が受けられます

 

受験者には、現役の中学生・高校生、若しくは60代・70代の高齢者の方もおり、行政書士試験は、他の法律系資格よりも出題範囲が限定されているため、どんな人でもトライし易いといえるでしょう。
しかも、やり方によっては、普通のサラリーマン以上、中には、年収1000万円〜2000万円を稼ぐこと可能な仕事であり、その意味で、行政書士試験は、広く、誰に対しても開かれた、「未来を拓く」可能性を持った資格ということができるでしょう。

 

とは言っても、それはあくまでも他の資格と比べた場合の話であって、キチンとした作戦を練って勉学することが必要である狭き門であることに間違いありません。 特に大学の法学部などで法律に関して勉強したことがない方は、法解釈あるいは独特な思考方法を自分のものにすることに苦労を重ねる可能性もないとは言えません。

 

独学では効果的な学習が困難ともいえ、初学者の方はぜひ予備校や通信教育を受講することをお薦めします。

 

 

関連ページ

他の法律系国家試験との比較
行政書士試験の難易度について、他の資格との比較など、様ざまな観点からご説明します。
合格率からみた行政書士試験の難易度
合格率10%の行政書士試験ですが、本当に難関試験なのでしょうか?
行政書士試験の科目と難しさ
行政書士試験の試験科目の特徴と難しさについてお答えします。
魚性書士試験の難易度と独学について
行政書士試験の難易度と、独学合格の可能性についてご説明します。