オヤジ行政書士の合格応援隊

出題形式

 

行政書士試験は、5肢択一式と記述式で行われます。

「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式および記述式。
「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式。
※記述式は40字程度で記述するものが出題されます。

 

(LEC東京リーガルマインドのHPより)

 

関連ページ

行政書士試験の日程
行政書士試験は、次の日程により実施する予定です。
試験科目
(1)行政書士の業務に関し必要な法令等(46題) 憲法、民法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法、地方自治法を中心とする)、商法(会社法)、基礎法学 ※4月1日現在施行されている法令に関して出題されます。
合格基準
行政書士試験の合格基準は、以下のようになっています。
行政書士試験の難易度
平成30年度の行政書士試験の全国平均合格率は12.7%となりました。前年度の平成29年度の合格率15.7%と比べて3%下がりました。
試験当日持ち込めるもの
試験当日、会場に持ち込める筆記具や時計などについてご説明します。